大山寺参拝の際に!新しい絵馬「和傘絵馬」に願いを書いてみませんか?

大山寺にお参りの際はこの和傘絵馬をご覧ください。

和傘絵馬

お正月も、もう間近となりました。
新型コロナに翻弄された一年となった事と思います。
そんな時にも希望をもって進んでほしいとの願いを込めて、大山寺と共に新しく絵馬を製作いたしました。
絵馬には、大山寺の夏の風物詩となった「お盆の大献灯」の主役である「和傘」をデザインしてあります。
色は5色あり、それぞれの色にある意味合いを、あなたの願い事に合う色の絵馬を選び、大山寺本堂正面横にある絵馬掛け所にご奉納ください。

その掛けられた絵馬は、あなたの願いを叶えてくれる事でしょう。
新年の願いと思いを、この和傘絵馬に込めてみませんか?
大山寺社務所にてお求めくださいませ。
※冬の大山寺は、雪深さもあり社務所・大山寺に住職がいらっしゃらない場合があります。
その場合は、大山町観光案内所でもお求めいただけますので、お立ち寄り下さい。


和傘POP.png

 

大山の大献灯〜和傘あかり〜を動画でご紹介します。

大山の大献灯~ 大山の大献灯はお盆に和傘の灯りを取り入れて9年目を迎えました。 鳥取県内に職人を抱える地域だからこそ実現するこの和傘灯りは、今年もまた多くの日本国内外からのお客様を向かえるため、和傘本数120本と、参道・大神山神社~大山寺本堂の演出をより一層立体的に華やかにしています。 国立公園の豊かな自然のなか、日本遺産に認定された歴史ある神社仏閣のなかで、この規模の演出が見られる機会はそうありません。

上へ戻る