大山頂上碑移設工事完了のお知らせ

完成した頂上碑と完成記念式典の様子

大山頂上碑.jpg

令和元年6月から始まった大山頂上の工事のうち、大山の頂上を保護する会が実施していた大山頂上碑移設工事が完了し、令和2年10月14日に関係者による完成記念式典が執り行われました。

式典では、大山頂上碑の完成と登山者の安全を祈願する竣工式並びに安全祈願祭が行われ、移設工事の施工業者である鳥取県石材加工組合連合会 井原石材店 井原 睦さんへ大山の頂上を保護する会 会長 竹口 大紀(大山町長)さんから感謝状が贈呈されました。

この式典以後は、頂上付近の木道が一般の登山者も通行できるよう開放され、およそ1年4ヶ月ぶりに頂上碑(大山山頂)へ到達することができるようになりました。

大山山頂では引き続き鳥取県の工事が行われており避難小屋の使用はできません。山頂の休憩スペースには、屋根がありませんので、日除け、日陰がありません。登山の際には、鳥取県ホームページで工事状況をご確認いただき安全な登山をお楽しみください。

上へ戻る