[だいせんスノーシューツアー]銀色の世界に会いに行く

大山の壮大な雪の世界を安全に体験!

美しい景色、差し込む木漏れ日に感動!
「スノーシュー」を履いて、フカフカの雪と真っ白に染まった景色の中をゆったりとしたペースで歩きます。

スノーシューは西洋かんじきとも呼ばれる雪の上を歩くための道具です。歩くのに難しい技術は必要無いので、スノーシューで歩くのが初めてという方もすぐに歩けます。

 
開催時期

冬期のみ開催
12月下旬〜
3月下旬頃まで

※参加希望日はご相談ください

 

ツアープランのご案内

サクッと体験 スノーシュープラン 所要時間 約2時間 3,500円(税込)

気軽に冬の大山を散策したい方へオススメのプランです。スノーシューが初めてでも、ガイドが丁寧にご案内いたします。スキー・スノーボードが苦手な人でも楽しめますよ!

心が楽しむ ゆったり スノーシュープラン 所要時間 約3時間 4,000円(税込)

大山の森をじっくりと楽しみたい方へオススメのプランです。休憩タイムには、暖かい飲み物を飲んでホッと一息!スノーシューをもっと楽しみたい方にオススメです!

グループ向け オーダー スノーシュープラン プラン・人数・所要時間など お好みに合わせてご提案 金額はご相談の上お見積り

例えば、スノーシューで歩いて大山の風景写真を撮ってみたい。スノーシューの後、食事と温泉を楽しみたいなど。ご要望をお伺いしてプランを作成いたします。

スノーシューツアーってなにをするの?

大山スノーシューツアー参加風景

一面真っ白に染まった景色を楽しみながらゆっくり歩きます。

美しい景色、差し込む木漏れ日に感動!
フカフカの雪と真っ白に染まった景色の中をゆったりとしたペースで歩きます。


snowshoe02.png

雪の斜面をお尻で滑ってみたり。
新雪の時にはフカフカの雪にダイブしてみるのも楽しいんですよ。

新雪に思いっきダイブ!
みんなで童心に返って遊んじゃおう。

snowshoe03.png

時には足を止めて足元を観察。
運が良ければ

野生動物に出会えるかも?

動物の足跡を見つけてどんな生き物か考えたり、真っ白な世界に沢山のメッセージをガイドと一緒に見つけるのも楽しいでしょう。
運が良ければ実際に野生の動物に会うことができるかも。

snowshoe04.png

ここでほっと一息、
雪の上で
ティータイム。

ちょっと疲れたら雪の上でティータイム。
広大な森の中での温かい飲み物は格別です。
森の中で深呼吸すると心も体もリフレッシュ!!

snowshoe05.png

雪の降りしきる
大山寺参道周辺を散策

雪に覆われた大山寺、参道沿いの巨木に感動。
大山開山より1300年の歴史絵巻を聞けるのもこのスノーシューツアーの楽しみの一つです。

snowshoe06.png

最後まで安全・安心
雪の世界をご案内します。

雪崩や遭難などのリスクが少ないコースにお客様を案内するのもガイドの大事な仕事です。もし急な天候不良で突然の吹雪に出会って周りが見えなくなっても、コースを知り尽くしたガイドが最後まで安全にお客様をご案内いたします。

ツアー概要

開催概要

開催日時 2019年1月5日~2019年4月1日 AM9:00~ PM1:30~
集合場所 こもれびと1F 大山町観光案内所
ツアープランと金額 1.サクッと体験スノーシュープラン 約2時間コース お一人3,500円
2.心が楽しむゆったりスノーシュープラン 約3時間コース お一人4,000円
3.グループ向けオーダースノーシュープラン ご要望を伺い時間・料金を設定いたします。
対象レベル スノーシュー初心者の方でもご参加可能です。【 中学生以下は、保護者同伴。未就学のお子様についてはご相談ください。】※スノーシューは西洋かんじきとも呼ばれる雪の上を歩くための道具です。歩くのに難しい技術は必要ありません。ツアーの初めに安全に関する説明と歩き方のコツを説明します。スノーシューで歩くのが初めてという方もすぐに歩けますのでご安心ください。
服装について 歩いていると、天候によっては暑くなったり寒くなったりする事がありますので、下着は速乾性があるポリエステルなどの着用をお勧めします。汗を掻いても体を冷やす事が無く快適です。綿製品は汗を掻くと乾きが悪く体を冷やすことがありますので極力避けてください。中間の防寒着としてはフリースなどがよいでしょう。
持ち物(必須)
  • ウェア:速乾性ウェア(綿製品は冷えるのでNG)。フリースなど重ね着ができ、温度調節ができるもの。アウターは防風・防水が望ましいです。スキー・スノボウェアも可
  • 靴:登山靴または防寒靴(ハイカット)※長靴は冷えますし、スノーシューが外れやすいのでNG。
  • スパッツ:雪が靴に入るのを防ぎます。
  • 手袋:スキーやスノボ用でもOK
  • ニット帽
  • ザック:両手が使えるよう、背負えるものがいいです。
あると便利なもの
  • サングラス:晴れているときは便利。逆に降っているときはゴーグルの方がおすすめ。
  • 日焼け止め:雪に反射する光はけっこう雪焼けします。
  • 保険証のコピー:備えあればうれいなし。
  • その他:使い捨てカイロ、ポケットティッシュ、タオル、予備の防寒着や靴下
レンタル品について レンタル品を希望される場合は、お申し込みフォームに必ず【サイズ】をご記入ください。

レンタル商品代金表

スノーシューセット スノーシュー+ポール+スパッツ 2,200円(身長をご記入ください)
スキーウェア 大人 3,800円(サイズをご記入ください)
小人 2,600円(身長をご記入ください)
小物 グローブ 500円
ニット帽 500円
ボードブーツ 1,600円(足のサイズをご記入ください)

 

参加申し込み

上へ戻る