大神山神社奥宮 八角神輿(はっかくみこし)

文化施設歴史体験
鳥取県西伯郡大山町大山 0859-52-2502(大山町観光案内所)

その重さ約1トン!
重すぎて誰も担げなかった神輿、約100年ぶりに解禁

大神山神社奥宮八角神輿 江戸時代後期に作られた両部神道の神仏習合形式の八角神輿で、大神山神社奥宮(おおがみやまじんじゃおくのみや)に保管されています。
この神輿は、台座高3.2m、神座1.8m、担ぎ棒長5.6mで重さは約1tもあり、そのあまりの重さから1885年(明治18年)以降、担ぎ手を集めることができないでいましたが、2002年(平成14年)に修復とともに復活。
 
所在地 鳥取県西伯郡大山町大山
電話 0859-52-2502(大山町観光案内所)
アクセス (車)米子自動車道「米子IC」から大山観光道路を車で約15分
  (バス)米子駅から大山寺までバス約50分
上へ戻る