石の大鳥居(いしのおおとりい)

文化施設歴史
鳥取県西伯郡大山町大山 0859-52-2502(大山町観光案内所)

山奥に突如出現巨大鳥居!
ここをくぐっていざ大山寺参道へ

石の大鳥居(ふりがな)

大山寺域にある三つの鳥居のうちの一つ。
岡山、日野方面から大山寺への参道入口にあたる大山道にあり、その石柱の高さは7m、そして周囲約2mという大きなもの。
鳥居の上部にあたる笠石は大山の麓「明間原」で作られ、嘉永7年(1854年)に建立されました。 施主は日野郡根雨の近藤平右衛門吉得、梅林喜平治常珍と刻まれ、付近には多くの供養等も鎮座しています。

 

所在地 鳥取県西伯郡大山町大山
電話 0859-52-2502(大山町観光案内所)
アクセス (車)米子道米子ICより県道24号線(大山観光道路)経由、博労座駐車場まで約15分。夏山登山道方面へ徒歩約15分
  (バス)JR米子駅から日交バス大山寺行でバス停大山寺下車(約50分)、夏山登山道方面へ徒歩約15分
上へ戻る