蓮浄院跡(れんじょういんあと)

文化施設歴史
鳥取県西伯郡大山町大山0859-52-2502(大山町観光案内所)

小説の神様と呼ばれた文豪が愛した場所
“あの”近代日本文学の代表作もここで誕生!?

蓮浄院は、大山寺の支院の一つで江戸時代中期に建てられたもので、文豪・志賀直哉が滞在したことで有名です。長編小説『暗夜行路』の終章ではこの時の体験をもとに書かれたと言われ、現在この宿は長年の風雪の影響で荒廃が進み倒壊してしまいましたが、蓮浄院跡として一般公開されています。

また、この宿坊の傍らには蓮浄院地蔵が安置されており、時の流れを見守ってくれているかのように座っているのです。

所在地 鳥取県西伯郡大山町大山
電話 0859-52-2502(大山町観光案内所)
アクセス (車)米子道米子ICより県道24号線(大山観光道路)経由、博労座駐車場まで約15分。夏山登山道方面へ徒歩約15分
  (バス)JR米子駅から日交バス大山寺行でバス停大山寺下車(約50分)、夏山登山道方面へ徒歩約15分
上へ戻る