国史跡 妻木晩田遺跡(むきばんだいせき)

絶景文化施設歴史遊ぶ体験お土産
鳥取県西伯郡大山町妻木1115-4 0859-37-4000(鳥取県立むきばんだ史跡公園)

日本最大級!
弥生集落遺跡で歴史を知る!

国史跡 妻木晩田(むきばんだ)遺跡は国立公園大山のふもと「晩田山(ばんだやま)」の、美保湾(日本海)を一望できる標高90~150mの丘陵に形成された弥生時代の大型遺跡です。

ゴルフ場開発案件に伴いその存在が分かると、その後国の史跡に指定され、現在も発掘調査が進行しています。
この遺跡は、今から約1900年前から1700年くらい前の弥生時代に大きな集落が存在したということで注目を集めました。その大きさは東京ドーム約30個分にあたり、国内最大級のものとして全国ニュースでも大きく取り上げられました。
竪穴式住居だけでも400棟以上、掘立柱建物跡も500棟以上も見つかり、当時の周りの規模から考えると、当遺跡を中心に一つのクニが作られていたのではないかとも考えられています。

縄文時代、弥生時代と言えば、学校の歴史の授業で始めに登場するから意外と忘れやすい。けれど、遺跡の発掘って誰もが一度は憧れませんか?1900年前の人が実際使っていたものを今私たちが見られるのって・・・・人間の文明の歴史はまだまだ奥が深そうです。
 

春夏秋冬、妻木晩田遺跡はいろいろオモシロイ!

妻木晩田遺跡では、年間を通して様々なイベントが目白押しです。自然を楽しみつつ歴史の造詣を深める講座、弥生土器が実際作れる教室など、普段できないような貴重で楽しい体験ができますよ。

むきばんだ さらにオモシロクするには!

県立むきばんだ史跡公園の学芸員さんに話を聞こう! 話を聞くと、単なる穴ぼこに見える凹みでも、意外とドラマがあって歴史がさらに面白くなりますよ。
他に、遺跡の先端、海側(淀江)ののろしをあげたと言われる場所から見える絶景はおススメ。遺跡が作られた理由にも納得か!?
所在地 鳥取県西伯郡大山町妻木1115-4
電話 0859-37-4000(鳥取県立むきばんだ史跡公園)
休み 第4月曜日(祝日の場合は、その直後の休日でない日)、年末年始(12月29日~1月3日)
営業時間 9時~17時(入場は16時30分まで) ※7、8月 9時~19時(入場は18時30分まで)
料金 無料
駐車場 大型バス3台 普通自動車60台
アクセス (車)山陰道淀江ICより妻木晩田遺跡方面へ、約5分
HP 県立むきばんだ史跡公園
上へ戻る