賽(さい)の河原

絶景歴史
鳥取県西伯郡 大山町大山 0859-52-2502(大山町観光案内所)

大山の四季に囲まれる眺望スポット
登山客に人気のロケーションはこの河原で

賽(さい)の河原

昔、僧兵たちが修行したといわれる「僧兵荒行の岩」の前を過ぎると、目の前に雄大で、険しい大山の北壁が広がります。

この地帯は通称「賽の河原」と呼ばれていて大山の金門と元谷の間に位置し、安山岩が無数に堆積し石積みのケルン(塔)が作られるなど周囲のロケーションも申し分なく、絶好の眺望ポイントとして登山客に人気を博しています。

賽の河原は三途の川の事で、死者が渡って行くところとされ、こちらが不毛の荒涼とした地帯であることから名づけられました。

かつて幼い子供の霊を慰めるために、親たちが石を一つ一つ積み重ねながら子供への思いを歌にし、また塔婆流しなどの風習が行われていました。

所在地 鳥取県西伯郡大山町大山
電話 0859-52-2502(大山町観光案内所)
アクセス (車)米子道米子ICより県道24号線(大山観光道路)経由、博労座駐車場まで約15分。大山寺参道を石畳の参道、大神山神社方面へ、途中金門への参道を右折、徒歩約20分
(バス)JR米子駅から日交バス大山寺行でバス停大山寺下車(約50分)、大山寺参道を石畳の参道、大神山神社方面へ、途中金門への参道を右折、徒歩約20分
上へ戻る