大山の保全のための受益者負担の仕組み(入山料等)の検討に向けた社会実験の実施について

大山の山岳環境保全と持続可能な利用の充実を目指して、受益者負担による仕組み(入山料等)を検討するため、試行的に登山者に対して任意の協力金を募る社会実験を8月24日から実施されます。
実施目的や内容の詳細については、下記の環境省中国地方環境事務所HP(外部リンク)からご確認ください。

上へ戻る